妊娠 カフェイン

妊娠とカフェイン

妊娠とカフェイン

 

妊娠中に控えたいものとして、カフェインがあります。
『妊婦さんはカフェインをとるといけない』という話はよく聞きますが、そもそもなぜカフェインがダメなのでしょう。

 

妊婦さんにとって、カルシウムや鉄分は非常に大切なものですが、カフェインは、尿によって排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。食事やサプリなどで、せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインによって体外へ流れ出してしまうのです。さらに、カフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。

 

また、妊娠中にカフェインを大量に摂取すると、胎盤を通してカフェインがお腹の赤ちゃんへ送られてしまいます。
胎児の肝臓はまだまだ未熟なので、カフェインが排出しきれず、体内に長い間残ってしまい、からだにとても大きな負担をかけてしまいます。

 

カフェインは、アドレナリンを増やし、血流を減らしてしまいます。
ママがカフェインを摂ると、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、発育障害や胎児の死亡へ繋がることもあると考えられています。

 

以上のような理由から、カフェインは流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられているのです。

 

 

妊娠中だけでなく、産後、母乳育児を行うなら授乳中もカフェインは避けた方が懸命です。
カフェインは母乳を通して赤ちゃんへ送られる為、赤ちゃんが興奮して泣きやまなかったり、落ち着きがなくなったりする事があります。
また、乳幼児突然死症候群の発症率が高まるという報告もありますので気をつけましょう。

 

 

 

カフェインを含む飲み物・食べ物

 

コーヒー・紅茶・緑茶
コーラ・ココア・チョコレート・栄養ドリンク・解熱鎮痛剤などの医薬品